老後のお金について【老後の生活資金は年金だけでは足りない!】

老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。今からきちんと考え、戦略的に老後 資金を準備することが必要不可欠です。老後のお金に困らないために、資産運用はすべての人に必須スキルの時代になっています。大事なことは、できるだ け早く投資や運用の経験を積んでおくことです。

| PAGE-SELECT |

老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>

老後のお金は、老後の生活費と年金収入から考えていく必要があります。

老後にかかる生活費は、

ゆとりある老後生活だと月額で約38万円
ギリギリの老後生活だと月額で約24万円


の生活費がかかるといわれています。

老後資金

将来もらえる年金は、せいぜい月額で10万円から15万円程度だと考えると、老後にゆとりある生活をするためには、年金以外の老後資金が月額で約25万円くらい必要になることになります。

日本は格差が広がっているといわれていますが、多くの方は若者の話なのでは と思っていたりします。
ところが、本当に格差が固定するのは現役時代ではないことをご存知でしょうか。
本当に格差が確定するのは老後なんです。
老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。
給料なら増えることはありますが、年金は減ることがあっても増えることはありません。

年金生活者の方は、今でも格差がるのが実情です。
毎月、4~5万円のみの年金収入しかもらえない方もいれば、自分の資産の取り崩しや、企業年金の給付などをプラスして、毎月40万円以上あるという方もいます。

老後の格差を作っているのは、間違いなく「いま」の積み重ねです。
老後の格差は今埋めていくしかありません。
現役時代の長年の取り組みの違いが、老後に決定的な格差を形作ることになります。


これからの時代に考えていかなければならないのは直近の必要資金の他にも、老後のお金のことを考えていくことが求められています。
なんとなくではうまくはいかないでしょう。
限られたお金を上手に配分したり、運用したりする必要もでてきます。
きちんと考え、戦略的に老後資金を準備することが必要不可欠です。


老後資金の貯め方
資産運用はすべての人に必須スキルの時代

老後資金の貯め方


老後資金を確保するために私たちがしなければいけないことは「時間を味方につけて行動する」ということです。
1日でも早く気がついて早く動くことが必要です。
収入を増やすことも、出費を抑えることも、運用でお金を増やす戦略も早く動けば早く動くほど効果が高まります。

私たちは、効率的に老後資金を貯め、老後の必要資金を年金収入+運用資金の取り崩し又は運用収入でまかなっていかなければなりません。
運用収入を得るためには、運用利回りの高い金融商品を活用する必要があります。
老後にいきなり資産運用をはじめ、失敗する方が後を絶ちません。
いまのうちから金融商品を活用した運用スキルを高める必要があります。

金融資産の運用はすべてのサラリーマンにも必要不可欠なスキルと考える時代になっています。

運用、投資というと、まとまったお金が必要だと思っている方は少なくありません。
運用や投資にまとまったお金は特に必要ありません。

大事なことは、できるだけ早く投資や運用の経験を積んでおくことなのです。
早くから投資の経験を積んでおくことは、お金には換えられない価値があると考えたほうが良いと思います。

お金が無くても、今すぐ投資を始められる方法が積立投資です。
毎月、決まった額を積立、預金ではなく、投資・運用していく方法です。

運用をできるだけ長く続け、追加のお金を入れ続けることで、誰でも資産を増やしていくことができます。
運用×追加入金 がお金を大きく増やすあわせ技になります。

投資・運用においては、投資信託や債券、株式を購入できる証券口座が必要になります。
今すぐネット証券で証券口座を作ることをおすすめします。



老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後資金運用のポイント
老後の生活費と老後資金の貯蓄について


スポンサードリンク


| 老後のお金 | TOP↑

老後の必要資金が足りない!

現在でも、国から受給する年金は、老後の生活費のすべてをまかなうには足りていません。
しかも今後は年金受給の金額の水準が下がることは確実といわれています。
年金受給の金額の水準が上がることは現状の日本の状態を考えればもうないといえそうです。

近い将来では、老後の生活費に不足する金額は、なんとかやりくりできる範囲を超えているでしょう。
現在でも毎月5万円~6万円程度の生活資金不足が生じているとのことです。

これが10年後20年後になれば、老後の生活費に足りなくなる金額は今以上に増えることは確実でしょう。
老後の生活費について「まあ なんとかなるさ」と甘く考えていると、おそらくとんでもない苦しい状態が将来おとずれるのではないでしょうか。

これからの時代に考えていかなければならないのは直近の必要資金の他にも、老後の必要資金のことを考えていくことが求められています。
なんとなくではうまくはいかないでしょう。
限られたお金を上手に配分したり、運用したりする必要もでてくるでしょう。
きちんと考え、戦略的に老後の必要資金・生活資金を準備することが必要不可欠です。

老後の必要資金や生活資金を確保するために私たちがしなければいけないことは「時間を味方につけて行動する」ということです。
1日でも早く気がついて早く動くことが必要です。
収入を増やすことも、出費を抑えることも、運用でお金を増やす戦略も早く動けば早く動くほど効果が高まります。

資産運用というと、いきなり株式投資やFX(外国為替証拠金取引)に走ってしまう方が多くいますが、株式投資やFXは資産を大きく増やす手段にはなり得ますが、大きく減らしてしまいかねないリスクもあります。
私たちには、お金を増やしながら貯めていくと同時に、大きく減らさない運用が大事になってきます。



老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後資金運用のポイント
老後の生活費と老後資金の貯蓄について
スポンサードリンク


| 老後のお金 | TOP↑

老後の生活費と老後資金の貯蓄について

老後の貯蓄は、老後の生活費と年金収入から考えていく必要があります。

老後にかかる生活費は、ゆとりある老後生活だと月額で約38万円で、ギリギリの老後生活だと月額で約24万円の生活費がかかるといわれています。

将来もらえる年金は、せいぜい月額で10万円から15万円程度だとすると、老後にゆとりある生活をするためには、年金以外の老後資金が月額で約25万円くらい必要になるということになります。

年金収入以外で、上記のように、足りない月額約25万円の老後資金を、貯蓄と貯蓄した老後資金の運用という面から考え、捻出する必要があります。

では、どのように老後資金を貯蓄し、運用していけば良いのでしょうか。


老後資金の貯蓄方法と運用方法

まず、老後資金を効率よく貯蓄する方法の一つは、債券という金融商品を少しずつでも買い続け、その債券の保有量を増やし続け運用するという方法があります。
債券という金融商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券を少しずつ着実に増やしていくことで、お金がお金を生み、複利の力を見方につけることができ、老後資金の貯蓄をより多くできる方法の1つになり得ます。
そして、年金収入を得るようになってからも、債券で老後資金を運用し続けることで、利子による収入も期待できるという訳です。



老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後資金運用のポイント



スポンサードリンク


| 老後のお金 | TOP↑

| PAGE-SELECT |