老後のお金について【老後の生活資金は年金だけでは足りない!】

老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。今からきちんと考え、戦略的に老後 資金を準備することが必要不可欠です。老後のお金に困らないために、資産運用はすべての人に必須スキルの時代になっています。大事なことは、できるだ け早く投資や運用の経験を積んでおくことです。

| PAGE-SELECT |

老後のお金【老後資金の貯め方】

老後にいきなり資産運用をはじめ、失敗する方が後を絶ちません。

いまのうちから金融商品を活用した運用スキルを高める必要があります。
資産運用は、すべてのサラリーマンにも必要不可欠なスキルと考える時代になっています。

老後のお金

資産運用及び投資の知恵を学び、知識を蓄えることによって、自らの力で投資して資産を増やす能力がつき、それは同時に自分の資産を守るための能力にもなります。

このサイトの情報やいろいろな金融・経済の情報に触れ、できるだけ早く資産運用の知恵を身につけることが大切です。


老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後資金運用のポイント
老後の生活費と老後資金の貯蓄について



スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>

「老後難民」になるのを防ぐには、現役の頃から生活資金を準備しなければなりません。
では、どのくらいの金額を自分で用意する必要があり、公的年金などはどの程度当てにしていいものなのでしょうか。
老後資金の金額を試算すると共に、引退後の収入の柱となる公的年金と退職金、そして継続雇用を選んだ場合の見通しについて解説します。

老後資金は1億円必要と覚悟したいところです。

60歳でリタイア後、20年間夫婦で暮らし、夫亡き後6年ほど妻一人で暮らすと仮定すると、7200万円の生活費が必要になるといわれています。
これに加えて、医療や介護の費用、持ち家ならリフォームなど維持費も掛かります。
元気なうちは夫婦で旅行もしたいでしょう。
こうした「ゆとり」や「まさか」の費用を年100万円強と見込むと、総額1億円くらいになってしまします。

老後資金の総額1億円全額を自力で用意する必要はありません。
老後資金を支える最大の柱は公的年金だからです。
高齢化が進む中、支給の減額は避けられないでしょうが、死ぬまで支払われる公的年金制度が破綻することは考えられません。
このほか、勤務先に退職金制度があれば、退職一時金や企業年金の見込み額を確かめてみましょう。

これらの公的年金や退職金などを考慮にいれるとその合計額が7000万円くらいだと見積もります。
すると60歳を節目として自力で積み立てたい目標額は「3000万円」となります。

20代・30代なら、時間を味方につけてじっくり資産づくりをしていけばいいと思います。
40代・50代になると、定年退職までカウントダウンが始まりますが、慌てて、中身も理解できないようなハイリスクな金融商品に手を出して自己資金をふっばさないように気をつけたいものです。
自分なりの資産プランを立て、じっくり老後資金を貯めていけばいいと思います。


老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金を貯める方法
老後資金運用のポイント
老後の生活費と老後資金の貯蓄について



スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

老後資金を貯める方法 

老後になって生活資金が足りないことに気づき、そのときになって家計収支を改善しなければと焦っても、収入を増やすことはおろか、支出を削減することさえも困難なのではないでしょうか。

安心して過ごせる老後は自分しか作れないのです。
老後資金の貯蓄は、先送りすればするほど厳しくなっていきます。
現役で働いていた時と同じレベルの生活水準を維持したいなら今から老後資金計画を組み、しっかり貯めておきましょう。

とはいえ、貯蓄だけで何千万円(人によって老後資金必要額は違いますが)も貯めるのは大変なことです。
しかも、年金受給と貯めた老後資金を取り崩しながら生活をしていくのも、だんだん資金が減っていくので、何か不安を感じながらの生活になっていくのではないでしょうか。

では、どのように老後資金を貯めてたらよいのか
年金を受給する生活になったらどのように資金を活用していけばよいのか


老後資金の貯め方

お金を生み出す資産、つまりキャッシュフロー(インカムゲイン)をもたらしてくれる資産をできるだけ早いうちに保有することです。
もっと言うと自分の銀行口座に定期的にお金を振り込んでくれる資産を保有するということです。
そして、その「お金を生み出す資産」を増やし続けていくのです。

価値ある資産を保有すれば、その資産がお金を生み出してくれるということです。
老後資金を貯めていくのは早ければ早いほどいいのです。


お金を生み出す資産を保有する

では、お金を生み出す資産とはどのような資産でしょう

キャッシュフロー(インカムゲイン)をもたらしてくれる資産です。

債券(利子)、株式(配当)、REIT(分配金) などの金融資産

そして賃貸用ワンルームマンションなどの不動産(家賃収入)

などが考えられます。


これらのお金を生み出す資産を少しずつ着実に増やしていくことでお金がお金を生み複利の力を見方につけることが老後資金をより多く貯めることのできる方法のひとつではないでしょうか。
そして年金受給時になったときにこそ、蓄積された価値ある資産がお金を生み出し続けてくれるので、老後生活の資金にも少し余裕がでてくるのではないでしょうか。


老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金運用のポイント
老後の生活費と老後資金の貯蓄について




スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

老後資金運用のポイント

老後の資金運用は、取り崩しながらも長期的・安定的に増やしていくように資産運用していくことが必要です。
運用しているだけで、ほぼ毎月お金を生み出してくれる、つまりキャッシュフローをもたらしてくれる資産(投資信託)を保有することで、老後資金運用を長期的安定的にすることが可能になります。


老後資金運用のポイント

老後資金運用のポイントは、長期的に安定的に資金を取り崩しながらも増やしていくことです。
必要なときに必要な金額を引き出せるようにしておくことも大事です。

老後資金運用の半分以上は、預貯金やMRF、MMFといった元本割れリスクがほとんどない円建ての金融商品で運用。
残りの半分の老後資金運用にローリスク~ミドルリスクの金融商品で運用するのが良いのではないでしょうか。

MRF・MMFは公社債投資信託の一種です。
いつでも引き出せるお財布代わりの短期的資金の運用先として、銀行の普通預金より利回りがよく、定期預金より引き出しやすいという点でおすすめです。
MRFは証券会社で口座開設後に入金しておけば自動的に投資される投資準備口座のような投資信託です。
MMFは購入後1カ月たてばいつでも引き出せMRFよりも利回りがよいのが特徴です。
これからの老後生活に備えて、楽天証券などのネット証券(店舗を持たないインターネット専用の証券会社)で口座をもっておくと便利です。


投資信託の商品の中には、毎月自分の口座にお金を振り込んでくれる商品があります。
つまり、投資信託を保有しているだけで、ほぼ毎月お金を生み出してくれるということです。
具体的にどのような投資信託かというと、外貨建ての金融商品で海外ETFといわれる上場投資信託になります。
外貨建ての投資信託で外貨MMFという投資信託がありますが、外貨建ての投資信託は、海外ETFと外貨MMFを併用すると良いと思います。


老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後の生活費と老後資金の貯蓄について




スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

老後資金の運用には投資信託がおすすめ

長期的に老後資金の運用をしていくためには、国際分散投資で長期的に運用資産を保有することが効果的だと思われます。
リスクをコントロールしつつ、運用成果を得ていくことです。

リスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターンのブレ)の低減という効果をもたらします。
投資の格言に「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉がありますが、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある資産に分散投資することでリスク(期待リターンのブレ)を軽減しながら、なだらかに資産を増やしていくという訳です。

まず、資産クラス(アセットクラス)の配分を決定します。
例えば、債券に50% 株式に30% 不動産に20% というように各資産クラスの配分を決定します。
このことを「アセット・アロケーション」といいます。
投資成果の90%以上が、このアセット・アロケーションで決まってしまうともいわれています。

世界中の金融資産に広く分散投資するには、投資信託(ファンド)を利用するのが便利です。

投資信託とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社などが代行する金融商品のことです。

投資信託を利用すれば、世界中の株式・債券・不動産・商品(原油や金属や農産物)など成長や配当や値上がりがある資産に分散投資することが少額からも可能です。

コストや統計学的に効率よく運用するには、「インデックスファンド」や「ETF(上場投資信託)」を利用するのが良いと思います。
そして、使い勝手が良い「外貨MMF」という投資信託を組み合わせてみるのも良いでしょう。



スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

| PAGE-SELECT |