老後のお金について【老後の生活資金は年金だけでは足りない!】

老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。今からきちんと考え、戦略的に老後 資金を準備することが必要不可欠です。老後のお金に困らないために、資産運用はすべての人に必須スキルの時代になっています。大事なことは、できるだ け早く投資や運用の経験を積んでおくことです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

老後の生活費と老後資金の貯蓄について

老後の貯蓄は、老後の生活費と年金収入から考えていく必要があります。

老後にかかる生活費は、ゆとりある老後生活だと月額で約38万円で、ギリギリの老後生活だと月額で約24万円の生活費がかかるといわれています。

将来もらえる年金は、せいぜい月額で10万円から15万円程度だとすると、老後にゆとりある生活をするためには、年金以外の老後資金が月額で約25万円くらい必要になるということになります。

年金収入以外で、上記のように、足りない月額約25万円の老後資金を、貯蓄と貯蓄した老後資金の運用という面から考え、捻出する必要があります。

では、どのように老後資金を貯蓄し、運用していけば良いのでしょうか。


老後資金の貯蓄方法と運用方法

まず、老後資金を効率よく貯蓄する方法の一つは、債券という金融商品を少しずつでも買い続け、その債券の保有量を増やし続け運用するという方法があります。
債券という金融商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券を少しずつ着実に増やしていくことで、お金がお金を生み、複利の力を見方につけることができ、老後資金の貯蓄をより多くできる方法の1つになり得ます。
そして、年金収入を得るようになってからも、債券で老後資金を運用し続けることで、利子による収入も期待できるという訳です。



老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後資金運用のポイント



スポンサードリンク


| 老後のお金 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT