老後のお金について【老後の生活資金は年金だけでは足りない!】

老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。今からきちんと考え、戦略的に老後 資金を準備することが必要不可欠です。老後のお金に困らないために、資産運用はすべての人に必須スキルの時代になっています。大事なことは、できるだ け早く投資や運用の経験を積んでおくことです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

老後の必要資金が足りない!

現在でも、国から受給する年金は、老後の生活費のすべてをまかなうには足りていません。
しかも今後は年金受給の金額の水準が下がることは確実といわれています。
年金受給の金額の水準が上がることは現状の日本の状態を考えればもうないといえそうです。

近い将来では、老後の生活費に不足する金額は、なんとかやりくりできる範囲を超えているでしょう。
現在でも毎月5万円~6万円程度の生活資金不足が生じているとのことです。

これが10年後20年後になれば、老後の生活費に足りなくなる金額は今以上に増えることは確実でしょう。
老後の生活費について「まあ なんとかなるさ」と甘く考えていると、おそらくとんでもない苦しい状態が将来おとずれるのではないでしょうか。

これからの時代に考えていかなければならないのは直近の必要資金の他にも、老後の必要資金のことを考えていくことが求められています。
なんとなくではうまくはいかないでしょう。
限られたお金を上手に配分したり、運用したりする必要もでてくるでしょう。
きちんと考え、戦略的に老後の必要資金・生活資金を準備することが必要不可欠です。

老後の必要資金や生活資金を確保するために私たちがしなければいけないことは「時間を味方につけて行動する」ということです。
1日でも早く気がついて早く動くことが必要です。
収入を増やすことも、出費を抑えることも、運用でお金を増やす戦略も早く動けば早く動くほど効果が高まります。

資産運用というと、いきなり株式投資やFX(外国為替証拠金取引)に走ってしまう方が多くいますが、株式投資やFXは資産を大きく増やす手段にはなり得ますが、大きく減らしてしまいかねないリスクもあります。
私たちには、お金を増やしながら貯めていくと同時に、大きく減らさない運用が大事になってきます。



老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後資金運用のポイント
老後の生活費と老後資金の貯蓄について
スポンサードリンク


| 老後のお金 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT