老後のお金について【老後の生活資金は年金だけでは足りない!】

老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。今からきちんと考え、戦略的に老後 資金を準備することが必要不可欠です。老後のお金に困らないために、資産運用はすべての人に必須スキルの時代になっています。大事なことは、できるだ け早く投資や運用の経験を積んでおくことです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

老後資金を貯める方法 

老後になって生活資金が足りないことに気づき、そのときになって家計収支を改善しなければと焦っても、収入を増やすことはおろか、支出を削減することさえも困難なのではないでしょうか。

安心して過ごせる老後は自分しか作れないのです。
老後資金の貯蓄は、先送りすればするほど厳しくなっていきます。
現役で働いていた時と同じレベルの生活水準を維持したいなら今から老後資金計画を組み、しっかり貯めておきましょう。

とはいえ、貯蓄だけで何千万円(人によって老後資金必要額は違いますが)も貯めるのは大変なことです。
しかも、年金受給と貯めた老後資金を取り崩しながら生活をしていくのも、だんだん資金が減っていくので、何か不安を感じながらの生活になっていくのではないでしょうか。

では、どのように老後資金を貯めてたらよいのか
年金を受給する生活になったらどのように資金を活用していけばよいのか


老後資金の貯め方

お金を生み出す資産、つまりキャッシュフロー(インカムゲイン)をもたらしてくれる資産をできるだけ早いうちに保有することです。
もっと言うと自分の銀行口座に定期的にお金を振り込んでくれる資産を保有するということです。
そして、その「お金を生み出す資産」を増やし続けていくのです。

価値ある資産を保有すれば、その資産がお金を生み出してくれるということです。
老後資金を貯めていくのは早ければ早いほどいいのです。


お金を生み出す資産を保有する

では、お金を生み出す資産とはどのような資産でしょう

キャッシュフロー(インカムゲイン)をもたらしてくれる資産です。

債券(利子)、株式(配当)、REIT(分配金) などの金融資産

そして賃貸用ワンルームマンションなどの不動産(家賃収入)

などが考えられます。


これらのお金を生み出す資産を少しずつ着実に増やしていくことでお金がお金を生み複利の力を見方につけることが老後資金をより多く貯めることのできる方法のひとつではないでしょうか。
そして年金受給時になったときにこそ、蓄積された価値ある資産がお金を生み出し続けてくれるので、老後生活の資金にも少し余裕がでてくるのではないでしょうか。


老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金運用のポイント
老後の生活費と老後資金の貯蓄について




スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT