老後のお金について【老後の生活資金は年金だけでは足りない!】

老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。今からきちんと考え、戦略的に老後 資金を準備することが必要不可欠です。老後のお金に困らないために、資産運用はすべての人に必須スキルの時代になっています。大事なことは、できるだ け早く投資や運用の経験を積んでおくことです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

老後資金運用のポイント

老後の資金運用は、取り崩しながらも長期的・安定的に増やしていくように資産運用していくことが必要です。
運用しているだけで、ほぼ毎月お金を生み出してくれる、つまりキャッシュフローをもたらしてくれる資産(投資信託)を保有することで、老後資金運用を長期的安定的にすることが可能になります。


老後資金運用のポイント

老後資金運用のポイントは、長期的に安定的に資金を取り崩しながらも増やしていくことです。
必要なときに必要な金額を引き出せるようにしておくことも大事です。

老後資金運用の半分以上は、預貯金やMRF、MMFといった元本割れリスクがほとんどない円建ての金融商品で運用。
残りの半分の老後資金運用にローリスク~ミドルリスクの金融商品で運用するのが良いのではないでしょうか。

MRF・MMFは公社債投資信託の一種です。
いつでも引き出せるお財布代わりの短期的資金の運用先として、銀行の普通預金より利回りがよく、定期預金より引き出しやすいという点でおすすめです。
MRFは証券会社で口座開設後に入金しておけば自動的に投資される投資準備口座のような投資信託です。
MMFは購入後1カ月たてばいつでも引き出せMRFよりも利回りがよいのが特徴です。
これからの老後生活に備えて、楽天証券などのネット証券(店舗を持たないインターネット専用の証券会社)で口座をもっておくと便利です。


投資信託の商品の中には、毎月自分の口座にお金を振り込んでくれる商品があります。
つまり、投資信託を保有しているだけで、ほぼ毎月お金を生み出してくれるということです。
具体的にどのような投資信託かというと、外貨建ての金融商品で海外ETFといわれる上場投資信託になります。
外貨建ての投資信託で外貨MMFという投資信託がありますが、外貨建ての投資信託は、海外ETFと外貨MMFを併用すると良いと思います。


老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後の生活費と老後資金の貯蓄について




スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT