老後のお金について【老後の生活資金は年金だけでは足りない!】

老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。今からきちんと考え、戦略的に老後 資金を準備することが必要不可欠です。老後のお金に困らないために、資産運用はすべての人に必須スキルの時代になっています。大事なことは、できるだ け早く投資や運用の経験を積んでおくことです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

老後資金運用におすすめの債券海外ETF

老後資金の運用で注目したい金融商品が債券海外ETFという金融商品です。
債券を海外ETFと呼ばれる金融商品で保有する といった方法でお金を貯めながら増やしていく方法です。

海外ETFとは、海外の証券取引所(ニューヨーク証券取引所など)に上場されている投資信託です。
上場されているので透明性が高く、流動性もよいのが海外ETFのメリットとなります。
海外ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムに変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で発注できます。
また、一般の投資信託と比べ、運用コストが低いのもメリットとなります。

海外ETFには、様々な株式指数や債券指数の値動きに連動する商品が多数あります。
その中でも、老後資金運用のおすすめ海外ETFは、債券指数に連動する海外ETFになります。

債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、利子収入(金利)を得られるので、退職金運用を長期的安定的な運用を目指すことができるのではないでしょうか。


どんな債券指数に連動する海外ETFがあるのかというと、米国債、米国の公社債、米国の投資適格社債、米国以外の先進国国債、新興国の国債などがあります。
どの商品も、ほぼ毎月利息が振り込まれてきます。
外貨建ての金融商品なのでほとんどが米ドルでの振込みになります。

外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資(数十~数百銘柄に分散投資)をずっと継続しているので、ETFを保有しているだけで自動的に債券が買い換えられていくので手間がかからず効率的です。
しかも世界各国の国債、社債を広範囲に分散投資できる外国債券海外ETFは、少額から購入することが可能です。

海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資するよりも信用リスク、デュレーションリスク(平均回収期間のリスク)が軽減されます。


スポンサードリンク


| 老後資金の運用商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT