老後のお金について【老後の生活資金は年金だけでは足りない!】

老後のお金は、収入が年金収入のみの場合、国からもらえる年金額と手元にある貯蓄が老後に使えるお金の全てです。今からきちんと考え、戦略的に老後 資金を準備することが必要不可欠です。老後のお金に困らないために、資産運用はすべての人に必須スキルの時代になっています。大事なことは、できるだ け早く投資や運用の経験を積んでおくことです。

老後資金運用のポイント

老後の資金運用は、取り崩しながらも長期的・安定的に増やしていくように資産運用していくことが必要です。
運用しているだけで、ほぼ毎月お金を生み出してくれる、つまりキャッシュフローをもたらしてくれる資産(投資信託)を保有することで、老後資金運用を長期的安定的にすることが可能になります。


老後資金運用のポイント

老後資金運用のポイントは、長期的に安定的に資金を取り崩しながらも増やしていくことです。
必要なときに必要な金額を引き出せるようにしておくことも大事です。

老後資金運用の半分以上は、預貯金やMRF、MMFといった元本割れリスクがほとんどない円建ての金融商品で運用。
残りの半分の老後資金運用にローリスク~ミドルリスクの金融商品で運用するのが良いのではないでしょうか。

MRF・MMFは公社債投資信託の一種です。
いつでも引き出せるお財布代わりの短期的資金の運用先として、銀行の普通預金より利回りがよく、定期預金より引き出しやすいという点でおすすめです。
MRFは証券会社で口座開設後に入金しておけば自動的に投資される投資準備口座のような投資信託です。
MMFは購入後1カ月たてばいつでも引き出せMRFよりも利回りがよいのが特徴です。
これからの老後生活に備えて、楽天証券などのネット証券(店舗を持たないインターネット専用の証券会社)で口座をもっておくと便利です。


投資信託の商品の中には、毎月自分の口座にお金を振り込んでくれる商品があります。
つまり、投資信託を保有しているだけで、ほぼ毎月お金を生み出してくれるということです。
具体的にどのような投資信託かというと、外貨建ての金融商品で海外ETFといわれる上場投資信託になります。
外貨建ての投資信託で外貨MMFという投資信託がありますが、外貨建ての投資信託は、海外ETFと外貨MMFを併用すると良いと思います。


老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後の生活費と老後資金の貯蓄について




スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

老後資金の運用には投資信託がおすすめ

長期的に老後資金の運用をしていくためには、国際分散投資で長期的に運用資産を保有することが効果的だと思われます。
リスクをコントロールしつつ、運用成果を得ていくことです。

リスクをコントロールするには、世界中の金融資産に広く分散投資することが良いともいわれています。
世界経済の成長に参加する国際分散投資は、収益機会の拡大とボラティリティ(期待リターンのブレ)の低減という効果をもたらします。
投資の格言に「ひとつのかごにすべての卵を入れてはいけない」という言葉がありますが、それぞれ値動きの違う、成長や配当がある資産に分散投資することでリスク(期待リターンのブレ)を軽減しながら、なだらかに資産を増やしていくという訳です。

まず、資産クラス(アセットクラス)の配分を決定します。
例えば、債券に50% 株式に30% 不動産に20% というように各資産クラスの配分を決定します。
このことを「アセット・アロケーション」といいます。
投資成果の90%以上が、このアセット・アロケーションで決まってしまうともいわれています。

世界中の金融資産に広く分散投資するには、投資信託(ファンド)を利用するのが便利です。

投資信託とは、投資家から委託を受けた資金の運用を投資顧問会社などが代行する金融商品のことです。

投資信託を利用すれば、世界中の株式・債券・不動産・商品(原油や金属や農産物)など成長や配当や値上がりがある資産に分散投資することが少額からも可能です。

コストや統計学的に効率よく運用するには、「インデックスファンド」や「ETF(上場投資信託)」を利用するのが良いと思います。
そして、使い勝手が良い「外貨MMF」という投資信託を組み合わせてみるのも良いでしょう。



スポンサードリンク


| 老後資金の貯め方 | TOP↑

老後の生活費と老後資金の貯蓄について

老後の貯蓄は、老後の生活費と年金収入から考えていく必要があります。

老後にかかる生活費は、ゆとりある老後生活だと月額で約38万円で、ギリギリの老後生活だと月額で約24万円の生活費がかかるといわれています。

将来もらえる年金は、せいぜい月額で10万円から15万円程度だとすると、老後にゆとりある生活をするためには、年金以外の老後資金が月額で約25万円くらい必要になるということになります。

年金収入以外で、上記のように、足りない月額約25万円の老後資金を、貯蓄と貯蓄した老後資金の運用という面から考え、捻出する必要があります。

では、どのように老後資金を貯蓄し、運用していけば良いのでしょうか。


老後資金の貯蓄方法と運用方法

まず、老後資金を効率よく貯蓄する方法の一つは、債券という金融商品を少しずつでも買い続け、その債券の保有量を増やし続け運用するという方法があります。
債券という金融商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券を少しずつ着実に増やしていくことで、お金がお金を生み、複利の力を見方につけることができ、老後資金の貯蓄をより多くできる方法の1つになり得ます。
そして、年金収入を得るようになってからも、債券で老後資金を運用し続けることで、利子による収入も期待できるという訳です。



老後のお金はいくら必要か<老後資金の貯め方>
老後の必要資金が足りない!
老後資金1億円の貯め方<現役時代3000万円>
老後資金を貯める方法
老後資金運用のポイント



スポンサードリンク


| 老後のお金 | TOP↑

おすすめの運用商品 投資信託とは

投資信託とは、投資家からお金を集めて、投資の専門家が、それをまとめ、いろいろな金融商品に分散投資するものです。
単純に投資対象を選んで投資するだけでなく、値上がりしそうなものと値下がりしそうなものを組み合わせて値動きを意識的に抑えるように設計されたものなどがあります。

投資信託の中には投資対象が値下がりした場合に利益が出るようにつくられた商品もあります。
多くの投資信託は、株や債券などを組み入れて運用しています。
比較的新しいタイプの投資信託として、有価証券だけでなく、不動産などを運用対象とする不動産投資信託やいろいろな投資信託に投資するファンド・オブ・ファンズなども増えてきています。

投資信託は、まず、幅広く個人から資金を集め、数十億、数千億という単位の基金(ファンド)を作ってひとまとめにします。
それをファンド・マネージャーと呼ばれる運用のプロが、株式や債券などの有価証券に投資して運用し、運用で得た利益を投資家に還元します。
投資先は国内だけでなく、海外市場の場合もあります。
アメリカの株式市場を中心に投資している投資信託や中国やインド、ブラジルといった新興国株式市場への投資を中心にした投資信託など様々です。
また、外国投資信託といって、外国の法律に基づいて企画され、日本国内の証券会社などで販売されている投資信託もあります。
外国投資信託の中には、ドル、ユーロなどの外貨建てだけでなく円建ての投資信託もあります。



スポンサードリンク


| 老後資金の運用商品 | TOP↑

お金を生み出す資産<債券投資の方法>

老後の資金を効率よくためていく方法の一つは、お金を生み出す資産、つまりキャッシュフローをもたらしてくれる資産をできるだけ早いうちから保有し、そういったお金を生み出す資産の保有量を増やし続ける という方法があります。

自分の銀行口座に定期的にお金を振り込んでくれる資産の保有量を今のうちから増やし続けていくのです。
その資産がお金を生み出してくれるということです。
老後の資金の準備は早ければ早いほど良いのです。

お金を生み出す資産ということでは、例えば債券という金融資産(運用商品)があります。
債券という運用商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券(お金を生み出す資産)という金融資産を少しずつ着実に増やしていくことで、お金がお金を生み複利の力を見方につけることが老後の貯蓄額をより多く貯めることのできる方法のひとつではないでしょうか。

債券を保有する方法の一つとして、債券を海外ETFと呼ばれる金融商品で保有するといった方法があります。
海外ETFという金融商品を利用して、グローバルに銘柄が分散された外国債券ポートフォリオを構築した場合、外貨ベースではありますが、安定した利息(キャッシュフロー)を定期的に得ることが期待できます。

海外ETFとは、海外(ニューヨーク証券取引所など)に上場された投資信託のことで、株式のように証券取引所が開いていればいつでも売買可能な金融商品です。
もちろん国内の証券会社を通じて売買することが可能な金融商品です。
しかもグローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる外国債券海外ETFは、少額から購入することが可能です。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいと思います。

外国債券の海外ETFを少額からでも購入し、その保有数量を増やし続けていくことで、始めは小さなキャッシュフローでも、複利の力でどんどん大きなキャッシュフローを得ることが期待できます。


スポンサードリンク


| 老後資金の運用商品 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT